旅 幸運を掴む旅 光明寺の牡丹など 

昨日29日は朝のうちに足利市の光明寺へ牡丹の撮影に出かけました。
30分ほどに2台のカメラで120枚ほど撮ってみました。

帰ってからPCに取り込んでみたら、どうしたことか何と、ホワイトバランスが
「電球」になっていましたので、全部青みが強くて失敗でした。
セットの確認がおろそかになっていたのです。

やむなく今日又光明寺へ行って撮ってきました。
今朝は俳句の会で催しがあるらしく、お題は「牡丹」だそうです。
大変混んでいました。

そんなわけで今日は2台で90枚ばかり撮りました。
画像の中に、背景が横一線の建造物が写っているのがあります。
八重桜の一枚です。
この横一線は(北関東自動車道)の工事中の一部だそうです。
左側には山がありますのでこれから先はトンネルになるとか云ってました。


実は最初に
足利市狭間の足利フラワーパークで、
見頃だと云う藤の撮影を試みようと車を走らせました。
処が近づくと、渋滞で延々と車の列が続いているではありませんか。
時間がないのでフラワーパークの藤は断念して、光明寺へ向かったわけです。

    

           今日の言葉 19 心の使い方と健康


  人間が健康であり元気で生活するためには
  どのような心を使っていったらよいのか

  どういう心の使い方が健康と関連し人間が丈夫になるのかと
  云うことが問題であって世の中がどの様に進化し変わっても
  このことは全然変わらないことなのです

  例えば移動するにしても歩くより自転車の方が早いし便利だし
  自転車よりも自動車の方が更に早くて便利です
  自動車よりも電車・飛行機の方がもっと早くて快適です

  しかし健康面から観たら
  飛行機健康法とか電車健康法等聞いた事もないし
  健康には無関係な移動手段です

  食事でも同じ事です 手間いらずの外食・中食よりも
  家庭であり合わせの食材でも心を込めて造った食事の方が
  遙かに心の面からも健康の面会からもよいのです

  これらは一例です  便利や手軽さのみを追求するあまり
  肝心要(肝腎要)の健康が損なわれれる様な心の使い方では
  家族の健康が不安定になり健康は保証されません

    本題の心の使い方と健康は
   まずなによりも朝起きたら
  今日も生かされながら生き続けられた身の幸せに感謝し
  今日も一日自分以外の他人に「忠誠奉仕」しようと
  心に誓うことから始めるとその日一日が快適で良いのです

  このような心の使い方を続けていると大自然の摂理から
  小さな病なら消滅するし大きな病でも軽快に向かいます
  元はかかりませんから信用できたら実行してみましょう


          画像は07年10月17日に削除しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

気まぐれ爺
2007年05月01日 10:14
どうもこの頃ミスが多いのです。
今日の言葉の中で、
遙かに心の面からも健康の面会からもよいのです
とありますが、健康の面からもよいのです…が正解です。
「面から」を、「面会から」と誤記してしまいました。
いい訳になりますが雑用多忙で、つい書きっぱなしで出してしまいます。
今後は見直してからにいたします。

      気まぐれ爺


パットちゃん
2007年05月02日 20:58
    初めてです。
細工のない写真で心が安まります。
これなら自分も撮れるかなあと思わせる処がいいです。
悪く云えば加工をしていない写真ですから好きなんです。
本当に気の向くままに撮られている様子もいいですねえ。

それに今日の言葉が凄くいいです。感心しています。
気まぐれ爺となっていますが、ものの見方が表面だけでなく、
その裏も見ておられる様で勉強になります。

これからも見させていただきます。
よろしくお願いします。



この記事へのトラックバック