幸運を掴む旅 こどもの日

今朝は6時過ぎに足利のフラワーパーク・大藤を見るべく出かけました。
処が早朝にもかかわらず、2㎞程の手前から大渋滞でした。
通常ならば3分~5分もあれば駐車場までひとっ走りの距離で50分です。
その様な訳で入園したのが午前7時45分でした。

曇り空で大藤などには、ライトアップされていましたから旨く撮れませんでした。
光源の種類がわからないのです。多分いろいろな光源を使っているのでしょう。
以上は言い訳です。

前回は1時間半で96枚撮りましたけれども、今日は2時間で60枚ほどがやっとでした。
兎に角大混雑で何処を向いても人々ですから、撮影に神経を使うんです。

         今日の写真はまたまた駄作です。

 
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



  最近とみにトラックバックが多くなっております。
  外国からのものも多く含まれております。
  極力消去致しますが、トラバを見る場合にはご注意下さい。



平成20年5月5日 こどもの日  0017

5月5日はこどもの日です。「そんなことわかりきってる~」…と云わずに。

以前はこどもの日でなくて(端午の節句)と云ってましたよ。男の子のお祝いです。
それが(こどもの日)に替わって、男児も女児も一緒です。

けれども“青空に鯉のぼり”と来れば、やっぱり男の子のお祝いでしょう。
後期高齢者の私などは、あの鯉のぼりが好きなんですよ。

だってそうでしょう!
「腹に一物もなし」で、自然の風任せで悠々と泳いでいる姿が良いですねえ。
この自然に逆らわない姿、自然に生かされ乍ら泳ぐのがいいんですよ。

 これが鯉でなくて「鯛やヒラメ」だったら画になりませんよ。
昔から「鯉の滝登り」と云う訳で、将来に望みを託す親心が欲しいのです。
 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

気まぐれ爺
2008年05月05日 16:54
5月11日(日曜日)の復習会は午前・午後とも予定通りです。
特別現研(通称ー幸運を掴む旅)参加者は資料をお持ち下さい。
なお、資料を持参は、5月の巽方特別と坤方特別のみです。
2008年05月06日 18:09
お邪魔致します。

いつも素敵な写真を公開して下さり有難うございます。
足利フラワーパークという名は知っておりましたが、見事な藤ですね、大混雑するのも解ります。

「屋根より高い鯉のぼり」はないかと、探してみましたが、住宅事情のせいか、子供が少なくなったせいか、ついに発見できませんでした。

小ブログにも外国からと思われるトラックバックが多くなっていますが、「全トラックバック保留」で一旦ブロックし、必要なもののみ公開しています。
ブログの「設定」の中の「オプション」から設定できますのでご参考まで。

のんき
2008年05月06日 19:15
久しぶりのお便りです。
この陽気では幾ら「のんき」でも、そわそわしてきます。そこで近所を歩き回りました。野山の新緑で気分が良くなった処、藤の写真を見て、今度は車で出かけてみようかとなりました。

気まぐれ爺
2008年05月06日 20:52
humi-ya様
大変ご無沙汰致しました。

休日が多いのは結構ですね。でもその恩恵に預かれないと云う、人々も多く居りますから、それらから目を離す訳にも参りませんでしょう。爺は世間の表裏を何時も気にして、まずは身近なところからでもと、善進に励んでおります。

ブログのトラバ対策についてのご教導有難う御座いました。
「全トラバ保留」で後日削除と云う段階で、爺には読めないスペルが多いのです。子供が来たら迷惑なものは受信拒否でもしても貰います。
これからも宜しくお願い申し上げます。


気まぐれ爺
2008年05月06日 20:56
のんき様
お便り懐かしいですねえ。

新緑の季節ですから多いにお出かけ下さい。
又ガソリンが値上げになりましたが。
キット新発見などもありますよ。
又お願い申し上げます。
2008年05月07日 07:36
気まぐれ爺様

お早うございます。
仰る通りです。世間が休みの時に忙しい仕事もいくらでもあるわけで、暦の上の休日だけ増やしても、かえって家族がバラバラに過ごす日が多くなってしまう家庭もあるでしょう。
闇雲に祝日を増やすことには賛成致し兼ねます。

気まぐれ爺
2008年05月07日 21:56
humi-ya様

コメントを頂き乍ら返信が遅れてしまいました。
申し訳ありませんでした。
日中留守にしておりました。
老妻も留守の方が静かだと申しております。

この記事へのトラックバック