倖運を掴む旅 長野-完

倖運を掴む旅 長野県南部-完 8月3日 月
長野県南部の現地実践研修会(通称・倖運を掴む旅)も19日で修了に なった。
主な立ち寄り地は秩父武甲山資料館・三峯大滝温泉・光前寺・養命酒 駒ヶ根工場・
  かんてんぱぱガーデン(伊那食品)・鉾後神社・信州高遠美術館・ 奈良井宿・
  奈良井木曽大橋・穂高神社・大王わさび農場・高島嶋城・ 下諏訪大社・諏訪湖間欠泉・
  諏訪大社上社本宮・諏訪市博物館・松本城・ 鹿教湯温泉などであった。
  全走行距離は784㎞と幹事から報告があった。
  出発前までは体調不良の会員は、研修2日目から回復して帰宅時には完全に健康体に復帰した。
  ある会員は研修中にも仕事の依頼が電話が入った。
  
写真は諏訪湖畔の間欠泉・安曇野で川遊び・松本城の賑わい…です。

画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

利根の月
2009年08月03日 22:41
諏訪湖の間欠泉は見ましたよ。近場で見たら凄いものでした。
松本城は凄い人出ですね。
長野の南部研修はよい研修だったことでしょう。
気まぐれ爺
2009年08月04日 00:04
利根の月さま
ちょうど午前11時の吹上時間に間に合い直近で見えました。
お陰様で参加全員が大きな運を掴まれたようで安堵しております。

この記事へのトラックバック