テーマ:幸運を掴む旅

倖運を掴む旅 福井 完

倖運を掴む旅 福井  完      11月25日  水 来年会員さん達が研修地としている一つの、 福井市近辺の下見調査は、無事に修了しました。 福井市周辺も、ご多分に漏れず不況風にお困りの様子でした。 でも市の肝いりで婚活運動は盛んな様で成果も挙がっているとか。  写真は高須港の灯台   永平寺   永平寺の銀杏 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

倖運を掴む旅 福井の2

倖運を掴む旅 福井の2   11月23日 月 前夜は夕日を撮ろうと屋上の展望室に三脚を持ち込み待ったが、4時半頃から雲が湧き出し撮影は出来なかった。 今朝は雨模様で風も強く視界が悪い。今日は山中で湧水を見つける予定。 鷹巣から高須山へ向かうが人っ子一人行き交わない山道を50分ほど走った。 何処をどう走ったのかカーナビが電波を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倖運を掴む旅 福井

倖運を掴む旅 福井   11月22日 日 福井市・大野市などを来年の倖運を掴む旅の下見調査の為、一人で出かけた。 今回は殆ど人が通らない山道なども通る予定なので、あえて携帯を持たずに細かな計画もなしで旅をしてみた。 (旅券や宿舎だけは予約しておいた。)但し方位磁石だけは忘れずに持参した。道に迷った時の用意である。 車から離れ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

実習会

隔月実習会  10月5日 月 昨日は午前中「倖運を掴む勉強会」で午後は「実習会」だった。 午前は集いの募集案内状の纏めや、11月の特別現地実践研修会についての 質疑応答などに多くの時間を費やし正午に解散。 午後は術の実習で一時半から三時半まで行われた。 実習は座禅から始まって行法を10~20程行い座禅でおわるが , …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重陽の節句

  重陽の節句     9月14日 月 9月9日は重陽の節句(菊の節句)でした。五節句の一つ。 奇数は陽の数であり、陽数の極である 9が重なることから、 「重陽」と呼ばれます。 陽の極が2つ重なることから大変目出度い日とされ、 邪気を払い長寿を願って、菊の花をかざったり、 酒を酌み交わして祝ったり。…この頃は殆ど聞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倖運を掴む旅  長野と新潟ー完

長野と新潟の旅ー完 8月6日 木 今回の長野と新潟の旅はおしなべてお天気は悪かった。 その分観光で割く時間は少なく、もっぱら現地研修で個別に 指導する時間が多く摂れらので参加者は大きな収穫だったと 悦んでいた。 その結果参加者のこれからの予想を纏めると、 未だ暫く不況はつづくが、高速道路などでトラッ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

倖運を掴む旅 長野と新潟

長野と新潟の旅  8月4日  火 前回の長野県南部の研修は、19日に帰宅し、たまって入仕事のアラマシを かたづけて、 25日~28日迄、上記の現地実践研修会(通称・倖運を掴む旅)に出かけた。 およその研修地は、軽井沢・淺間の鬼押出し園、資料館・松代温泉・善光寺・小布施・妙高・ 黒姫・関川の関所跡(駐車場は長野県で資料館は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倖運を掴む旅 長野-完

倖運を掴む旅 長野県南部-完 8月3日 月 長野県南部の現地実践研修会(通称・倖運を掴む旅)も19日で修了に なった。 主な立ち寄り地は秩父武甲山資料館・三峯大滝温泉・光前寺・養命酒 駒ヶ根工場・   かんてんぱぱガーデン(伊那食品)・鉾後神社・信州高遠美術館・ 奈良井宿・   奈良井木曽大橋・穂高神…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倖運を掴む旅 長野県南部

倖運を掴む旅 長野県南部    8月2日 日 18日の研修は、主に神社の参拝に時間を割いた。穂高神社・下諏訪大社・諏訪大社本宮など。 宿は下諏訪大社領域内にあるホテル山王閣。朝の参拝も徒歩で数分も歩けば大社本殿に到着する。 一寸古いが大きいし公共の宿だから、夏休みで合宿の中学生達が大挙押しかけて泊まっていると云う。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倖運を掴む旅 長野県南部

暑中お見舞いを申し上げます。 倖運を掴む旅 長野県南部   7月30日 木 今年は7月が会員の現地実践研修会(通称・倖運を掴む旅)の最盛期なので、10日投稿以降、20日以上もお休みになってしまった。   16日-19日の3泊4日は長野県南部で会員と研修。 25日~28日は長野県の松代・善光寺・小布施などと、妙高高原界隈…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

  倖運を掴む旅 最盛期

倖運を掴む旅‥最盛期    7月10日 金 今年も倖運を掴む旅(通称・現地実践研修会)が始まった。 特別現地実践研修会は2月から始まっているが、今年の定例現研は 7月~8月に集中して行われる。 明日も茨木方面の出発がある。明後日は長野松代方面が出発。 16日からは長野の伊那市・安曇野・諏訪方面が貸し切りバスで出発。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

倖運を掴む旅 花菖蒲

花菖蒲 6月14日  日 昨夜は小学時代の同級役員会があった。  5月におこなった一泊旅行の会計報告と反省会みたいなものだ。  要件は20分ほどで済んだが、後は例の飲み会となる。  高齢になっているから集まりも悪い、来たのは8人のみだった。  30分もすると来客との電話があったので中座して帰宅した。  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倖運を掴む旅  大雨

倖運を掴む旅 大雨  6月12日  金 10日は殊勝にも庭の草とりを午後も続行していたら、 小雨模様から急に大雨のどしゃ降りとなり、 もう休めと云う合図と解釈して作業を終わらせた。 昨日は庭のアッチコッチに水たまりが出来ていて、 水はけをしていたら、サボテンが出てきた。 冠水前だったので今朝は大きな花を咲…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

倖運を掴む旅 予習会準備完了

予習会 今年の倖運を掴む旅(現地実践研修会)の予習会2が6月7日に行われる。 今年も既に研修に出た方も居るが、6月12日から又出かける組がつづく。 毎年のことだが、準備が不充分だと研修地での現象の読み方などにも支障が出て、 大きな運が掴めない事もあるので、事前に予習をすることになっている。 6月から11月まで五月雨れの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倖運を掴む旅  良い夫婦の日

良い夫婦の日    4月22日  水   今日は良い夫婦の日(4:22)だそうだ。 1987年、毎日新聞社が提唱し制定、 別には講談社が提唱…と云う説もある。 いずれにしても、夫婦仲が良いと云うことは目出度いことだ。 そこで今日は、これに関連した写真を撮ってきた。 夫婦仲がよいのは誠に結構なことだが、爺が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倖運を掴む旅 準備完了

倖運を掴む旅 準備完了   4月16日 木 今年の倖運を掴む旅(現地実践研修会)の準備が完了した。 毎年の事ながら、準備に落ち度があると旨く倖運が掴めないから、 この時期になると大いに気を遣うことになる。 20日頃までに研修各地の旅程や詳しい内容を印刷して、 会通信の5月号に同封すれば一段落する。 今日の写真…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倖運を掴む旅 予習会

現研予習会  4月14日 火 12日の日曜日は今年の現地実践研修会(通称・倖運を掴む旅) の予習会があった。 代表の参加は30名ほどで遠くは東京からも来た。 詳しい内容は省略するが、倖運を掴むにはコツがある。 毎年(と云ってもまだ36年だが)の参加者も、 徐々に高齢から青壮年者に移っている。 13日からは月刊の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倖運を掴む旅   日曜日

日曜日  4月5日  日  毎回のことだが、日曜日となると訪問者が増える。  午前中に3組・午后4時までに4組の来訪があった。  相談する方は深刻なんだろうけど、 される方とすれば、  みなたいしたことはない問題だ。  問題が起きてからどうしようかと迷うのは勝手だけれど、  大概はその前兆があるものだがこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

倖運を掴む旅  新年度

新年度   4月1日  水 今日から新会計(財政)年だが、そのほかにも、新学年や1日は エイプリル・フール(四月馬鹿)でもある。 また児童福祉施行記念日(昭和23年ー1948)でもある。 この処この子供に対する虐待・殺害などの忌まわしい事件が多発して、ニュースになっているが、 子供は国の宝だから家庭は勿論のこと、行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電気記念日

  電気記念日   3月25日  水 明治11年(1878) 東京銀座(その頃は木挽町)に、中央電信局が開局した。 50個のアーク灯が初めて点灯されたのを記念して、 日本電気協会が、 昭和2年(1927)9月に今日を「電気記念日」と制定した。 今はなんでも電気の時代になって重宝しているが、まだ記念日から82年の歴史し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倖運を掴む旅  旅程表完成

   旅程表完成    3月23日  月  今年の倖運を掴む旅(正式名称・現地実践研修会)の旅程表が完成した。  すでに特別現地実践研修会と称して、2月から出かけたグループもあるが、  定例の研修を今年は7月と8月に実施する。来年は5月と8月が予定。 月刊会通信も昨夜頑張ったので、何とかまとまり、明日プリントすれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倖運を掴む旅・節分

節分  平成21年2月4日 012 昨日は節分で各地の神社仏閣は大賑わいだった模様。 朝方近所の神社へ出かけてみたら、ほぼ準備は完了だった。 ボツボツ参詣人も来ていたが超高齢者が車椅子で来たのには、 感心させられた。拝顔したところ100歳以上とみえた。  実は本会では2月の節分の日が年度末になっている。 立春か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倖運を掴む旅・春が来た。

春が来た  平成21年2月4日 011   昨日の1時51分頃、長野・群馬にまたがる浅間山で小噴火があった。 明け方に見たら噴煙をあげていたので、ヤッパリと納得した。 と云うのも数日前から予兆はあった。 現在の処灰が降った程度で被害が出ないでなによりだ。 この「春が来た」を見て、寒さはこれからだが、爺はどうなってい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

倖運を掴む旅・愛他

人間の一番大切なこと   平成21年1月31日 010 この表題は08年6月26日(木)に書いてあります(書いてないブログも) 概要は人間の一番大切なことは何よりも生きていることです。     そして健康であるということです。     生の尊さと云うことは理屈や学問で幾ら分かっていても、     死に近づかないと呑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

幸運を掴む旅・決断

決 断 平成21年1月30日  009 我々は何時も決断を迫られて生活をしている。 例えば主婦がお総菜を求めに出かけた場合に、 先ず安全かどうかの見極めが必要になるが、 その上で、品質と値段の問題で、そのしなものを、 買うか買わないかの決断をしなければならない。 この決断は主に損得の欲が主要部分を占める。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

倖運を掴む旅・笑顔

笑 顔  平成21年1月29日 008   何時も会うとニコニコしているので、ある人は僕のことを、 あの人は少し可笑しいのではと、陰口を言うそうだ。   晴れれば晴れたでニコニコし、雨が降れば降ったでニコニコし、 年がら年中ニコニコしているから、そう思われても致し方ない。   ある人は深刻な相談に見えても、僕はちっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸運を掴む旅・感情

感情  平成21年1月28日  日常で、感情の平静を保つことは生活の中では大切であるが、 なかなかこれを持ち続けることは難しい。   感情が穏やかである時には、何となく気持ちがいい。 生かされ乍ら生きているそのことが心地よい。  相手に不快を与えたり、怒ったりして得た快感は一時的なもので、 後味は悪いも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸運を掴む旅・現地実践研修会

現地実践研修会  平成21年1月27日  国旗制定記念日 ※国旗制定については各論があるが、ココでは触れない。   自分としては祝祭日には必ず国旗を掲揚している。   他国では自分の国の国旗に誇りをもっている国民が多いようだ。   平成21年度の現地実践研修会(定例と特別)通称・幸運を掴む旅は、2月から始まるが、世界大不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸運を掴む旅・ことば

幸運を掴む旅・ことば   平成21年1月25 旧暦12月30日(日)   我々は、言葉を発する前に先ず言葉で物事を考える。 だから,言葉を相手に伝えるのではなくて心を伝えることになる。 その為、心がこもっていない言葉ではなかなか相手に通じない。  昨今は、言葉が乱れに乱れている。 乱れているということは心が乱れている…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more